読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1203728
0
消えるコトバ・消えないコトバ
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ふるさと

『消えるコトバ・消えないコトバ』
[著]外山滋比古 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 夏、八月、お盆、というと、みんなが浮き足立って、混雑する乗り物をものともしないでふるさとへ帰る。


 どうして帰省したくなるのか、などというのは野暮のいうこと、ふるさとの霊が呼びよせるのである。


 帰ってみれば、なんということもない。数日もいればうんざりして、早く帰りたくなるのである。


 遠くはなれて住んでいるからこそ、郷里はなつかしいのである。ずっと、その土地に住む人が、負けおしみのように、“住めば都”などと言ってみたりするが、こんどの連休はどこへ遊びに行こうか、などと考える。


 ふるさとは土地を離れた人にしか存在しない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2184文字/本文:2445文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次