読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1203732
0
消えるコトバ・消えないコトバ
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
散文と韻文

『消えるコトバ・消えないコトバ』
[著]外山滋比古 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 たいていの人が、散文より韻文、詩歌の方が高級であると思っている。普通の文章、散文はだれにも書けるが、詩をつくるのは特別の能力が必要であるように思っている。


 さらに、詩の文が散文より書くのに難しいときめてしまっている。


 小学校で国語の勉強をするが、まず、普通の文章である。俳句や短歌はずっとあとでないとあらわれない。アメリカのある地方で小学生に俳句もどきのハイク・ポエムを書かせているということをきいて、おどろいた人がすくなくなかった(どうして、アメリカの小学校でハイク・ポエムか? ときいてみたら、作文の時間にハイクを書かせると、短くて、先生が読むのに楽だからだということだった。すこし拍子抜けする)。


 日本の小学校で、現代詩が教材になるのはずっとあとである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2781文字/本文:3112文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次