読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1203737
0
消えるコトバ・消えないコトバ
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
編集

『消えるコトバ・消えないコトバ』
[著]外山滋比古 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 大学を出て中学校の英語教師になったが、すこしもおもしろくない。早々に足を洗って大学の研究室へ戻る。中世英文学という浮世ばなれしたものにウツツを抜かした。すこしも得るところはなかった。


 研究生の期限が切れても、仕事がない。家庭教師でもして生きて行くか、とぼんやり考えていた。


 恩師の福原麟太郎先生から、速達が届いた。『英語青年』の編集をしている富原芳彰氏の大学転出がきまった。その後任を頼みたい。「余人をもって代えがたく、ご承知下さるよう……」とある。


 先生は『英語青年』の主幹であったが、実務はすべて、編集主任にまかせておられた。富原さんは、敏腕の文学青年で、六年にわたって、雑誌を編集していたのである。その後釜が、この唐変木につとまるはずがない。


 さっそく参上、辞退する。だいたい、いい加減である、と思ったが、さすがに口には出せない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3189文字/本文:3558文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次