読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1204469
0
道徳の教科書 善く生きるための七十の話
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
まえがき

『道徳の教科書 善く生きるための七十の話』
[著]渡邊毅 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 古代ギリシアの偉大な哲学者ソクラテスは、人生について、「生きるということが大切なのではなく、()く生きるということが大切なのだ」と言っています。


 ただ単に生きるだけなら、犬や馬にだってできます。しかし、善く生きようと考え、努力できるのは人間だけであり、また、人間の(そん)(げん)とは、本来そうした(いとな)みのうちにこそ宿(やど)る、というべきものなのでしょう。


 では、「善く生きる」ためには、どんな努力をしていったらよいのでしょうか。そのよい手立てとして、歴史から学ぶという方法があります。

世の中の 人のかがみと なる人の 多くいでなむ わが()(もと)に」と明治天皇が歌われたように、わが国の歴史には、「人のかがみ(手本)」になるような(すぐ)れた生き方を示した人物が数多く出ました。


 昔の歴史の本が、『(おお)(かがみ)』とか『(いま)(かがみ)』とか『()(ずま)(かがみ)』というように「かがみ」を書名にしたものが多くあるのも、歴史とは、今を生きる人の「かがみ」であるという考え方があったからなのでしょう。


 日本人の精神を高め、わが国にキリスト教を()(きゆう)させるために努力した(うち)(むら)(かん)(ぞう)は、日本人の(いさぎよ)い生き方を知るために、『(たい)(へい)()』という歴史書を愛読したといわれています。


 みなさんにも、生き方のお手本を示してくれる歴史や古典の書物を、ぜひたくさん読んでほしいと思います。そして、それによって、私たちの祖先が何を大切にし、何に情熱を傾け、何に自分の身をささげてきたかをくみとるのです。


 でも、意志の弱い自分が、本当に「善く生きる」ことなんてできるだろうか、そんなふうに思う人がいるかもしれません。


 しかし、(よし)()(けん)(こう)(『(つれ)(づれ)(ぐさ)』の作者)は、「(うそ)でもいいから、優れた人をまねしなさい。まねるだけで、その人は優れている」と言っています。

善く生きる」ことへの道は、決して遠いものではありません。まずは、優れている人を素直にまねていくこと、これが「善く生きる」ことへの一番の近道なのです。



 平成十五年四月二十八日

サンフランシスコ講和条約発効五十一年目の日に

(わた)(なべ) (つよし) 

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:987文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次