読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1204484
0
道徳の教科書 善く生きるための七十の話
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【12】古代への情熱──シュリーマン

『道徳の教科書 善く生きるための七十の話』
[著]渡邊毅 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

ホメロスの詩に描かれた伝説


 明治の文豪、(こう)()()(はん)は、『努力論』という書物の中で、学問を(おさ)め、功績をあげ、人格を高めようと(こころざ)す者は、次の四つのことを目標にすべきだと述べています。


一、どちらにもかたよらず正しくあること。

二、自分を大きくしようと思うこと。

三、キメ細かく事を成すこと。

四、ものごとを深く求めること。



 この四つの目標に限りなく近づき、高い人格と偉大な業績を残した人を紹介しましょう。ハインリッヒ・シュリーマンです。


 彼が(しよう)(がい)をかけたもの、それは彼が八歳のときに訪れます。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1776文字/本文:2048文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次