読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1204548
0
道徳の教科書 善く生きるための七十の話
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【65】百年単位で平和に暮らせる民族

『道徳の教科書 善く生きるための七十の話』
[著]渡邊毅 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

奇跡の平和時代、「平安」と「江戸」


 第二次世界大戦後、わが国は戦乱のない時代を過ごしてきました。かつて私たちの祖先は、それに数倍する長さの平和な時代を築いた時期がありました。


 まずひとつが、平安時代です。この時代において三百数十年間は、大きな戦争がなく、死刑が一度も行われませんでした。


 そのため、当時の京都の人口は、五十万以上に達していたといわれています。この平和のおかげで、世界に誇る(こく)(ふう)文化が生まれました。


 この時代は、とくに女性が(はな)(ばな)しく活躍し、(こう)(きゆう)では(せい)(しよう)()(ごん)(むらさき)(しき)()ら才女たちが集まるサロンが形成されました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1621文字/本文:1935文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次