読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1204573
0
子どものための偉人伝 福沢諭吉
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
金玉均と朝鮮独立運動

『子どものための偉人伝 福沢諭吉』
[著]北康利 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 (おう)(べい)(くら)べると文化の発達が遅れていたアジア(しょ)(こく)は次々に植民地となり、ベトナムはフランスの、インドネシアはオランダの、ビルマ、マレーシア、香港(ホンコン)、オーストラリアはイギリスの()(はい)()にありました。


 何とか日本は()(きち)の努力もあって植民地になることだけは免れたわけですが、いち早く文明開化をなしとげたわが国が、周囲のアジアの国々の(きょう)()(やく)になるべきだと諭吉は考えました。わが国で初めて(ちょう)(せん)(じん)(げん)(ざい)(かん)(こく)(きた)(ちょう)(せん)の人々)(りゅう)(がく)(せい)を受け入れたのもそうしたことからでした。


 諭吉はある(ちょう)(せん)(じん)愛国者との出会いをきっかけとして、(ちょう)(せん)の「()(しゅ)(どく)(りつ)」に協力することとなります。その(ちょう)(せん)(じん)愛国者の名は金玉均(キムオッキュン)。諭吉の十六歳年下で、たいへん(ゆう)(しゅう)な人物でした。


 当時の(ちょう)(せん)は隣国・(しん)(げん)(ざい)の中国)に(したが)っていましたが、その(しん)自体も欧米の前になすすべなく、香港(ホンコン)をイギリスの植民地とされ、中国本土さえ()(はい)されそうな(じょう)(たい)でした。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3324文字/本文:3946文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次