読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1205182
0
ぼくたちは今日も宇宙を旅している 佐治博士のこころの時間
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
5 宇宙を知るということ

『ぼくたちは今日も宇宙を旅している 佐治博士のこころの時間』
[著]佐治晴夫 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


いのちあるものは、みんなみんな星のかけら。

ぼくたちは、みんな星の子どもなんです。



 いのちあるものはすべて、燃えると真っ黒になります。


 人間も植物も動物も。それは、ぼくたちの体の主成分が炭素だから。


 いのちあるものはみな、宇宙にばらまかれた星のかけらでできています。


 すべては光から生まれ、生命の(もと)は星の輝きの中で合成され、その星が超新星爆発という形で(しゅう)(えん)を迎えることによって、地球やぼくたちは誕生しました。


 ぼくたちのいのちは、星の死によって生まれたのです。


 すべてのものは、原子分子でできています。


 その集まり方で、ぼくになったりあなたになったり。


 ほとんど違いません。ほんのちょっとの組み合わせの違いだけです。


 それで、死んで焼かれてしまっても、炭素がなくなるわけではない。


 炭素は、並び方によってはダイヤモンドになることもある。


 形の変化でしかないんですね。


 まるで(はん)(にゃ)(しん)(ぎょう)の世界のようです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2330文字/本文:2759文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次