読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1205677
0
小村寿太郎とその時代
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第七章 日英同盟

『小村寿太郎とその時代』
[著]岡崎久彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:32分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

──小村の意見書が英か()かの(せん)(たく)に決着をつける


世界地図の空白地帯


 日本と英国との関係は三百年前に(さかのぼ)る。


 日本に()(らい)した最初のイギリス人は、一六〇〇年に九州に(ひよう)(ちやく)したオランダ船リーフデ号の航海士ウィリアム・アダムズであった。


 アダムズはエリザベス女王の時代の英(かん)(たい)に勤務し、無敵艦隊(げき)(めつ)の際の英国艦隊の艦長の一人として()(くん)をたてている経験豊かな船乗りであった。(いえ)(やす)はアダムズを(ちよう)(あい)し、領地、領民を(あた)えて領主として(ぐう)した。


 アダムズが日本で(ゆう)(ぐう)されているという(うわさ)を聞いたイギリスは、ジェームズ一世の使節を日本に送り、(ひら)()に東インド会社の商館を開いた(一六一三年)


 やがてイギリス商館は、商売上の失敗もあってオランダとの競争に勝てず、一六二四年に(へい)()した。しかし商館、倉庫、()(とう)は平戸(はん)に保有を()(らい)し、再開の場合は同じ条件で通商が許されるように(せい)(がん)して去った。


 その意味でスペイン、ポルトガルの両カソリック国のように、カソリック()(きよう)を手段とする(かく)(ちよう)主義を疑われて日本との通商を禁止されたわけではなかった。


 しかし一六七三年に通商の再開を希望したときは、オランダは英国と交戦の最中であり、英国の船はオランダ海軍の目をくぐってやっと長崎に入港したが、オランダは裏で(ぼう)(がい)した。とくに時のチャールズ二世がカソリック国ポルトガルから(きさき)(むか)えたことを幕府に()らせたため、幕府はそれを理由として通商を許可しなかった。


 いずれにしても、英国は清国という当時は日本とは(くら)べものにならない大市場のほうにより大きい関心をもっていたので、十九世紀に至るまで対日貿易は(かん)(きやく)されていた。



 他方、英国の大(たん)(けん)家キャプテン・クックは、一七六八年から一七七〇年のあいだにオーストラリア、ニュージーランド等、全太平洋地域を探検し、最後に北太平洋探査の命令を受けていたが、その準備中ハワイで島民に殺され、その後任クラークもやがて(びよう)(ぼつ)し、北西太平洋は手つかずのままになっていた。そうした理由で日本列島の北は、当時の世界地図の最後の空白地帯として残っていた。


 キャプテン・クックの活動を競争意識で(ちゆう)()していたルイ十六世は、代って、一七八三年ラペルーズ大佐に命じて日本海を探査させた。(そう)()(かい)(きよう)が一名ラペルーズ海峡と呼ばれるのはこの探検の結果である。しかし(から)(ふと)が島か半島かの決定は、()(みや)(りん)(ぞう)(とう)()(一八〇八~九年)を待たねばならなかった。


世界を二分する(ちよう)大国


 日本開国前後における(きよく)(とう)の力のバランスは、北から来るロシアと南から来るイギリスに二極化していた。


 幕末の(せん)(かく)(しや)であり思想家、政治家、画家であった(わた)(なべ)()(ざん)(一七九三~一八四一年)は、早くから(らん)学を修めて世界の現状と日本の将来を(うれ)えていたが、その著書のなかで、いつまでも()(こく)しているとロシアとイギリスが実力を行使し、両国ともその機会に日本の領土を狙うおそれがあると()(てき)している。そして「英国は()(ぼう)ありて、海戦に長じ、ロシアは(じん)(せい)にして陸戦に長ず」といっている。


 また井伊大老の(だん)(あつ)で若くして(けい)()した幕末の天才的思想家(はし)(もと)()(ない)(一八三四~五九年)は、「英()(りよう)(ゆう)並び立たず」と判断し、「世界の(ぎゆう)()をとるのはまず英国かロシアのどちらかであろうが、英国は(ひよう)(かん)(どん)(よく)、ロシアは(ちん)()(げん)(せい)(落ち着いていて強力で(きび)しい)、いずれはロシアに人望が集まるだろう」と、ロシアと協力することを主張している。


 いずれも、漢文の(つい)()の文章スタイルのなかに思想を()()んでいるので、思想の整理上は(じやつ)(かん)の無理はあるが、どちらもオランダからの情報をもとにしている判断であろうし、それが当時の世界の(つう)(ねん)だったのであろう。



 英露が世界を二分する超大国になるのは、ナポレオン戦争の二大戦勝国になってからである。ちょうどドイツと日本を(ほろ)ぼして、米ソの二超大国時代がきたのと同じである。英国海軍がフランス、スペイン連合艦隊を撃滅したトラファルガー海戦におけるネルソン提督の剽悍さと、無敵を誇るナポレオン軍を迎え討って決定的な勝ちを許さなかったボロジノの会戦におけるロシアのクトゥーゾフ将軍の(じゆう)(こう)さを較べ、そして、戦争の結果フランス・オランダの植民地を(だつ)(しゆ)した英国と、ウィーン会議を牛耳って神聖同盟を提唱し、ヨーロッパの諸王家の(せい)(とう)(せい)復活に意を用いたロシアとを較べれば、とくにオランダのような大陸国から見れば当然の判断だったかもしれない。



 そもそも幕末の志士たちが日本の将来に危機感を(いだ)くのは、阿片戦争が最大の(けい)()である。いつ(よう)()(イギリス)が手を()ばしてくるのか、そのときに日本はいまのままの体制で(だい)(じよう)()なのだろうか、ということである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:13229文字/本文:15644文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次