読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1205684
0
小村寿太郎とその時代
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
終章 明治の終り

『小村寿太郎とその時代』
[著]岡崎久彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:17分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


日英同盟の(かい)(てい)


 日露戦争は、(きよく)(とう)だけでなく、当時の世界の列強間のバランス・オブ・パワーに()(かく)的変動をもたらした。


 その一つは日英同盟の改定強化である。


 開戦の前、英国陸軍の情報部が作成した情勢見通しでは、もし日本が勝っても南満洲を守るのがせいぜいであり、ロシアが勝てば韓国全部を(せん)(ゆう)したうえで日本自体をも脅やかすであろうと予測していた。


 だから、同盟の内容も、日本がロシアとだけ戦うときは英国は(げん)(せい)(ちゆう)(りつ)とした。負ける可能性の大きい国と英国が運命を共にして戦うリスクまでは負えないのである。


 しかし、旅順の(かん)(らく)と奉天の大会戦後、英国の日本に対する見方は変ってきた。


 もはや、日本は、英国の足手まといでなく、英国の信頼するパートナーとして共に戦うに足る実力を有する国と認められたのである。


 イギリスとしては、世界的な最大のライバルであるロシアが、満洲、北シナ、朝鮮半島、日本列島に進出して来るという()(ねん)(ひと)()ずなくなったわけであるが、そうなると次のロシアの出方が心配となってきた。



 心配なことは二つある。


 一つは、ロシアが極東では日本の抵抗がなかなか強いと(さと)って、(ぼう)(ちよう)の方向をインドに向けてくることであり、そうなると英国の領域と直接に(しよう)(とつ)することとなる。


 その場合、日本によって東方からロシアを(けん)(せい)して欲しいし、あるいは直接インド防衛に参加して欲しい。


 もう一つは、ひょっとするとロシアの国内事情などによってロシアが弱体化してしまう恐れもある。そうなると、ヨーロッパのバランス・オブ・パワーが(くず)れてドイツが自由に行動出来るようになる。その場合、英国は極東を日本にまかせて、海軍力をヨーロッパに集中してドイツに(そな)えたい。


 そこで、英国は日英同盟を、いま戦っている戦争は別として、将来は日本・イギリスのどちらか片方が攻撃されたらば、もう片方の国は(ただ)ちに救援にくるという、いわゆる(こう)(しゆ)同盟に改定することを考えた。


 つまり、この戦争が終ったあと、ロシアがもう一度準備を整えて戦争を再開する場合は、英国も参戦の義務を負う代りに、ロシアがインド、アフガニスタン方面に出てきた場合は、日本も英国を支援する義務を負うことになる。英国政府はこの点について閣議の了承を得て、日本に同盟の改定を提案した。


 日本としては、将来のロシアの(ふく)(しゆう)(せん)に備えて日英同盟を強化することは(もと)より歓迎であったが、条約の対象を満韓地域以外に拡大するのには(じやつ)(かん)(しゆん)(じゆん)はあった。


 しかし、おりから、バルチック艦隊がカムラン湾を出て、日本を目指して進撃してくるという(きん)(ぱく)した情勢の下にあり、同盟国英国の(せつ)(かく)のオファーを断る気はなく、日本海海戦の三日前の五月二十四日の閣議で(じゆ)(だく)を決定して、(はやし)(ただす)駐英大使にそのための交渉開始を指示した。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:6828文字/本文:8159文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次