読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1206117
0
一番結果を出す人の66の仕事のルール
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
プロローグ

『一番結果を出す人の66の仕事のルール』
[著]浜口直太 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 私は2005年に『あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール』(明日香出版社)という本を出しました。おかげ様で多くの方に読んでいただき、現時点で25万部近くの発行となりました。


 この本を出すことによって、仕事の仕方がわからなくて、悩み困っている人が意外に多いことを知りました。それからというもの、私は「仕事の仕方」に関する講演やテクニカルなセミナーを続けてきました。現在も頻繁に依頼をいただき、企業さんのお手伝いを行っております。


 この本はその結果生まれたものです。


 先に出した本を進化させ、よりわかりやすく具体的に書くように努力しました。


 ここに紹介しましたルールには、ダメ社員だった私が、入社6年で米国大手企業の役員待遇にしていただいた経験・知識・ノウハウを満載しています。


 あまり多いと実践しにくい、との判断から、最も大事だと思われる66項目に絞らせていただきました。


 たった66項目と思われるかもしれませんが、当時ダメ社員だった私にとって、これらを実践することは、大変な挑戦でした。ただ、とにかく実践しないと、クビを切られるだろうとの危機感から、まさに必死の思いで実践したのです。


 いくつかの会社を経営し、レストランを多店舗(現在15店)展開しながら、経営コンサルタント業と毎月1冊以上のペースで本の出版を続けてこられたのも、ここで紹介した66のルールを実践しているからだと自負しています。


 ここで皆様に訴えたいのは、紹介したルールは、超「落ちこぼれ」学生・新入社員だった私がやってきた「敗者復活法」であることです。


 小学校から高校を出るまで、成績は学年でほぼビリを通し、受験という受験で失敗しながらほとんど裏口に近いところから大学・大学院に入学、また就職してきた私が、仕事で競争に打ち勝ってきた秘伝のポイントのほぼすべてを明かしています。



 本書を読んでいただき、紹介しましたルールを実践されることで、自信と実力をどんどんつけられ、大きな成果を出されることを心から祈る次第です。


 最後に本書のテーマである次の私の言葉(口癖)を贈らせていただきます。

「成功することより、成功するまで努力し続けること自体に人生の真の価値がある」


 圧倒的努力で、66のルールに毎日挑戦してまいりましょう! そうすれば「人事を尽くして天命を待つ」ではないですが、大きな成果は後からついてきます。


浜口直太 

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:996文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次