読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1206592
0
自分の小さな「殻」を破る 世界の大富豪 100の言葉
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第1章 成功の秘訣 大富豪が実践する勝利をつかむためのルール

『自分の小さな「殻」を破る 世界の大富豪 100の言葉』
[著]真山知幸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:21分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 毎日の積み重ねが、人生を形作る。仕事にしても、遊びにしても常に全力で取り組む気持ちが大切だ。


 アリストテレス・オナシスは、「海運王」の異名をとるギリシャの実業家。


 オスマン帝国に生まれたが、政情が不安定なためにブエノスアイレスへ渡った。皿洗い、洗濯、夜警など過酷な労働で食いつなぐ日々を送る。電話会社で働いていたときに国際電話を盗み聞きして、タバコ製造業に可能性を見出すと、見事に成功した。その資金を海運業につぎ込み、巨万の富をつかんだ。


 約200億円かけた豪華ヨット「クリスティーナ号」には、船内にオナシス専用のスイートルームが4つも設けられ、シアナ産の大理石で作られた浴槽には黄金の水栓が取り付けられていた。そんな自慢の船でオナシスは豪華なパーティをたびたび開催しては、ハリウッド女優や皇族などを招いた。そのうちの一人が、伝説のオペラ歌手マリア・カラスであり、愛人となった彼女にオナシスが言った言葉がこれである。


 しかし、いざ仕事の取引が始まると48時間ぶっ通して働いていたオナシス。貧しい生活から成り上がった彼にとって、ビジネスで勝つことは生き抜くことと同義であった。


 自分の人生は何を目的にして、何に重きを置くのか。今一度、自らに問い、それを毎日意識するだけでも、行動が変わり、習慣が変わる。




 せっかくのアイディアも実現させられなければ、絵に描いた餅である。着想したことが、まだ誰も踏み入れたことのない未知の分野であれば、行動を起こすだけで抜きん出た存在になれるかもしれない。


 サム・ウォルトンは、世界最大のスーパーマーケットチェーン、ウォルマートの創業者。フォーブス誌の世界長者番付で1985年から1988年までトップの座に就いた。


 オクラホマ州の農家に生まれ、ミズーリ大学を卒業後は大手小売企業に勤務するが、1年半で辞職。27歳で雑貨屋のオーナーとなり、15店舗まで拡大させた。


 だが、ディスカウントストアの台頭を感じると、いち早く自分もその流れに乗って、1962年にウォルマート1号店をアーカンソー州ロジャーズで開店。44歳のサムにとっては、これまでの成功を捨てたうえでの新たな挑戦だったが、これがあたった。

「低価格販売」と返品制度による「満足の保証」を打ち出したウォルマートは、顧客の支持を集めて、売上げを拡大。都会ではなくて田舎に大型店舗を出店するという戦略や、ドミナント方式(高密度多店舗出店)も、サムが考え出したものである。


 新しいものを生み出す発想力は重要だが、それ以上に行動力が成功の鍵となる。今、こうしている間にも動き出している人がいる。あなたは、どうだろうか。




 成功者たちの波乱万丈な人生を(ひもと)くと、人生をトータルで考えることがいかに大切かを思い知らされる。彼らは大きな成功を成し遂げる前に、大きな失敗も経験して、そこから這い上がっているケースが多いからだ。


 ジェームズ・ゴールドスミスは、ロスチャイルド家の親戚で億万長者の金融家。天才投資家ジョージ・ソロス(後述)を支援するなど、国際金融市場で暗躍した。


 フランスのパリに生まれたが、ドイツ・フランクフルト、ロスチャイルド家の当主フランク・ゴールドスミスの次男であり、イギリスにも国籍を持つ。親の資産を継承して、多くの事業を展開しながら、投資家としてタイヤメーカーやタバコ会社、雑誌社などに買収を仕掛けた。


 エッフェル塔の25%を買収したことから、「エッフェル塔の脚を1本持つ男」とも称された。十分な資産がありながらも、「金持ちのうちに入れてもらうに値しない」と話し、記者から真意を尋ねられると、「実業家には、自分に自信を持ったとたんに、今の財産を全部なくしてしまう危険が待ち受けている」として、冒頭の言葉を続けた。


 勝ったり、負けたりを繰り返すのが人生だとすれば、勝利と敗北はコインの表裏に過ぎない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:8664文字/本文:10261文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次