読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1207261
0
長男・長女をのびのび育てる本
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
いじめっ子、いじめられっ子にしないために

『長男・長女をのびのび育てる本』
[著]平井信義 [発行]PHP研究所


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「思いやり」の育っていない子がいじめっ子になる



 子どもが幼稚園などから帰ってきて、黙っていたり、元気がないと、まず病気ではないかと考えます。ひたいに手を当てて病気でないことを確認すると、次に「もしかしていじめにあったのでは」と心配するのが、近ごろのお母さんではないでしょうか。


 また逆に、きょうだいゲンカが絶えなくて、いつも「うちの子は乱暴だから」と思っているお母さんは、もしかしていじめっ子になるのではないかしらと、心配しているかもしれません。マスコミを通じて報道されるいじめはどこか陰湿で、心痛むものがあります。


 とくに最近は、アトピー性湿(しつ)(しん)のため、肌がきたないという理由でいじめられるというようなことまで起きています。


 そこで、いじめについて、どのように考えたらいいのか、次に、親の養育態度はどうあるべきか、親には問題がないのかといったことについて、考えてみます。



 これは、小学生を対象として行なっていた夏季合宿での出来事です。この合宿は子どもに「自由」を与えて、どのように「自発性」が発達しているか、どのように「思いやり(共感性)」が発達しているかを観察するのが一つの目的になっていました。


 ですから、第一に、子どもに日課を示していません。何時に起きてもいいし、何時に寝てもいいのです。大人たちが命令をして子どもたちに何かをさせるということは一切ありません。


 第二に、活動のメニューはつくってあり、その準備もしてあるのですが、それに参加するかどうかは子どもの「自由」です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5306文字/本文:5954文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次