読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1207575
0
恰好いい老い方、みっともない老い方
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
高齢者でも仕事はある

『恰好いい老い方、みっともない老い方』
[著]川北義則 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 現役時代に地位の高かった人ほど、コンビニやスーパーの店員などに威張りたがる。自分の部下でもないのに、若い人たちにガミガミ説教をする。本人は気づいていないが、あちこちで嫌われているのだ。だが、そんな定年退職者もリタイヤして二~三年もすると「もはや自分は、ただのジジイだ」とやっと気づいておとなしくなる。


 定年を機に、大企業から子会社に天下りするような人たちも同様に威張る。彼らは、新しく働くことになった子会社の社員を見下したような態度を取る。とくに親会社で取締役など肩書きがついた人ほど高姿勢だ。


 ある大手メーカーは、毎年のように六〇歳になった取締役の一人を子会社に天下りさせている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1551文字/本文:1843文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次