読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1207800
0
もしもあなたが、あと1年のいのちだとしたら
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
人間は死ぬとわかっているのに何で生きるの?

『もしもあなたが、あと1年のいのちだとしたら』
[著]川村妙慶 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 先日、ある女性からメールをいただきました。

「私は婦人科健診で『子どもはあきらめてください』と言われました。ということは子孫は残せないということです。平均寿命が八十五歳として、私はあと四十年で死ぬことになります。人間は死ぬのに何で生きるのですか? 子孫を残せない私に何の意味があるのですか?」という内容でした。

「生きる」とは何でしょうか? この問いは頭で考えても答えられるものではありません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1238文字/本文:1434文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次