読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1208178
0
こころがホッとする考え方
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
6 「リフレーミング」で心が変わる

『こころがホッとする考え方』
[著]すがのたいぞう [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 井戸の中にいる(かえる)にとって、その井戸の中が世界のすべてである。


 同じように、私たちがものを考えるときも、あらかじめできあがっている思考の枠組み(フレーム)があって、いつもその囲いの中で考えている。たとえば、戦前の教育を受けた者と戦後の教育を受けた者では、さまざまに考え方が異なる。意見が対立することもあるだろう。それは、どちらがいい悪いということでなく、それぞれの枠組みの中で「正しい」とされることを言い合っているに過ぎない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:586文字/本文:804文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次