読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1209236
0
黒澤明「生きる」言葉
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
著者略歴

『黒澤明「生きる」言葉』
[著]黒澤和子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

黒澤和子

くろさわ かずこ


1954年、黒澤明の映画『七人の侍』打ち上げの日に、黒澤明の長女として東京に生まれる。成城学園高校中退、スタイリストを目指しサン・デザイン研究所に入学、同校卒業。スタイリストの仕事をしながら、ファッション・デザイナーの勉強の一環として、伊東衣服研究所デザイン科で学ぶ。仏クチュリエール専門学校入学のため留学準備に入るも、直前に結婚が決まり断念。インダストリアル・デザイナーの夫に伴いイタリアへ。出産後、ファッション関係の仕事に従事。その後離婚を経て、(株)黒澤プロダクションにて父の秘書的仕事をする。

1998年、父の進言で、映画界に入る。

父の影響で映画の世界に魅せられ、時代考証や日本民族衣裳の勉強に励み、時代劇の仕事が急増。「汚し」のテクニックの評価が高く、それを軸に時代衣裳デザインの素晴らしさに目覚めて経歴を積む。長年勉強したファッションデザイン、西洋および日本服飾史を生かした仕事をしてみたいというのが、目下の夢。執筆の仕事も父の思いを伝えたい気持ちから始めたが、色々なジャンルの本にも挑戦してゆく計画もある。

参加映画作品は、『夢』『八月の狂詩曲(ラプソディー)』『まあだだよ』【以上、監督:黒澤明】、『雨あがる』『阿弥陀堂だより』『博士の愛した数式』【以上、監督:小泉堯史】、『海は見ていた』【監督:熊井啓】、『座頭市』【監督:北野武】、『たそがれ清兵衛』『隠し剣鬼の爪』『武士の一分(いちぶん)』【以上、監督:山田洋次】、『花よりもなは』【監督:是枝裕和】のほか、2007年公開予定の『どろろ』【監督:塩田明彦】、『SILK/シルク』【監督:フランソワ・ジラール】、『怪談』【監督:中田秀夫】など。

著書に、『パパ、黒澤明』(文藝春秋)、『黒澤明の食卓』(小学館)、『回想黒澤明』(中央公論新社)など。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:768文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次