読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1209576
0
[新装版]すぐに使える! 心理学 恋愛、ビジネスからうつ病までスッキリわかる!
2
0
1
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
相手の気持ちを知りたいときは

『[新装版]すぐに使える! 心理学 恋愛、ビジネスからうつ病までスッキリわかる!』
[著]渋谷昌三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ

まったく異質な男と女が恋愛という対等で深い関係を築こうと思っても、そう簡単にお互いをわかり合えるものではありません。これを心理学では「自己不確実感」といいますが、二人の間につまずきがあると、自分の立場や考えに疑問が生じ、不安になったり自己嫌悪に陥って、その結果、相手を否定しがちになります。

それは、愛情や誠意があれば何とかなるものではありません。そこで必要になってくるのが「ソーシャル・スキル」(社会的技法)。人間関係を円滑に進めるためのテクニックです。

最も難しい恋愛関係でソーシャル・スキルを身に付けることができれば、あらゆる人間関係もうまくいくことでしょう。


■恋愛は社会的スキルを磨くいい機会



 私たちはごく幼い頃は、「二人で一つ」でした。つまり、母親の()()のもとにあった幼少時代は、母親と一心同体であると信じていられたのです。しかし自我が芽生えてくると、母親は別の人間であることに気付き、そこから人はアイデンティティを確立していきます。


 しかし、私たちは心のどこかで母親と「二人で一つ」だった頃を懐かしく思い、その状況を無意識に求めています。他人と自分は違うと頭ではわかっていても、幼い頃の記憶が邪魔をして、感情的に納得ができず、個と個のぶつかり合いである他者との人間関係に悩むのです。そして、自分をさらけ出さなければならない恋愛の場において、その苦悩は最も大きくなります。その傾向は、普段の人間関係で他人と一線を画すことを心がけている人ほど顕著に表れます。




 あらゆる人間関係は恋愛関係といってもいいほど、恋愛には、人間関係に対するスキルが求められるのです。


 人間関係とはさまざまな価値観をもった他人同士が関係していくことですが、恋愛関係はその難しさが色濃く表れています。血のつながりはなく、男と女という性差もありながら誰より深く付き合うのが恋愛です。


 まったく異質な人間が対等な立場で新たな関係を結んでいくには、あらゆる能力を総動員しなければ、いい関係はつくれない。つまり、恋愛関係にはあらゆる人間関係が凝縮されているのです。


 逆に考えれば、「恋愛上手な人」は、他の人間関係もうまくやっていける能力をもっている、ということでしょう。


 恋愛関係を学んでこそソーシャル・スキル(社会的技法)が身に付き、健全な人間関係が築けるのです。



■瞳と姿勢でわかる相手の心



 気になる異性が自分のことをどう思っているか知りたいときのポイントを、いくつかお教えしましょう。


 一つは瞳。

「目は口ほどにものをいう」という慣用句もありますが、それを証明してみせたのがアメリカの心理学者ヘスです。


 女性の被験者に赤ちゃんを抱いた若い母親の写真を見せたところ、瞳孔が平均して25%拡大し、男性の被験者には異性のヌード写真を見せると瞳孔は平均で20%大きくなりました。


 瞳孔が拡大するということは、対象物に対して興味をもっていることを表しています。


 視線も大切です。


 好意のある相手の場合、男性なら話を聞いているとき、女性なら自分が話しているときに、相手の目を見つめることがわかっています。




 もう一つが座っているときの姿勢です。


 腕を組んでいるなら、自分をさらけ出したり、相手を受け入れることも拒否しているサインです。


 足を組んでいる場合は二通りあって、深く組んでいるなら自己防衛、これみよがしな組み方ならセクシャルなサインです。


 また、体全体に動きが少なく、硬直しているようなら、強い不安感を表している場合が多いようです。



■体つきの好みでわかる相手の性格



 男女ともに体つきの好みにはある程度の傾向があるようで、性格を知る手がかりになります。


 アメリカの心理学者ウィギンズは、男性の性格を、女性の体つきの好みから調べる実験を行いました(図1)。左図のように実験には横向きのシルエットを用いました。




 ラヴラカスの調査では女性の性格がわかります(図2)。



■好意の有無



 さて次は、あなたにどれだけ相手の気持ちを読み取る能力があるかを調べてみましょう。相手が左の1~28までの行動をとります。その行動が意味しているのは歓迎でしょうか、それとも拒否でしょうか。歓迎と思われる行動の番号を書き出してみてください。


あなたのソーシャル・スキル指数は?


 歓迎されているのは、


 1、2、5、7、101216192022232627です。それ以外が拒否の行動になります。正解率が高いほど、相手の情緒を読み取るあなたの解読能力は高く、ソーシャル・スキル指数が高いということになります。




 このテストのひな型にあるのは、アメリカのケン・デルマーが著してベストセラーになった『ウィニング・ムーブス』です。彼はたった137ドルを元手にあっという間に大金持ちになった立志伝中の営業マンで、著作はお客の気持ちをしぐさや表情から読み取るハウツウ本です。




 ソーシャル・スキルは恋愛に限らず人間関係全般において求められる能力であり、せっかくの恋愛のチャンスを逃がさないために欠かせないものであることがおわかりになると思います。



■ウソがばれやすいのは女性?



 人が人間関係を営んでいく上では、本当は拒否したいのにできない状況になることがあります。


 それが仕事で相手が上司だったり取引先だったらなおさらでしょう。


 そんなときに相手にその気持ちを悟られない態度がとれるのは、男性、女性のどちらでしょう。


 それを調べた実験結果は、女性の方が下手との結論になりました。




 なぜなら、たとえば相手に視線を送る動作は一般に好意を表しますが、女性はそれをよく知っているのでしょう。


 拒否の気持ちを知られないよう、不自然なくらい視線を合わせようとする動作が目立ちました。


 一方男性は、実験に対する動機づけが高くないのか、普段とあまり態度が変わりませんでした。


 しかし、それは被験者の行動を観察したのが心理学者だから見破ることができたのです。


 実験結果は、女性がソーシャル・スキルを熟知していることの証明でもあり、スキルを持ち合わせていない男性が、女性のそんな行動を見ても、

「本当は嫌がられている」


 と、見抜ける人は少ないでしょう。


 ですから、実際はソーシャル・スキルのテクニックを理解して実践している女性の方が、有利といえるのではないでしょうか。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:2591文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次