読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1209674
0
朝3分間のデカルト
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
おわりに ビジネス書だと思ったら、哲学書だった?

『朝3分間のデカルト』
[著]小川仁志 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 朝からコーヒー、いや朝からデカルトの味はいかがでしたか?


 ビジネス書だと思ったら、哲学書だった?


 それは私の狙いどおりです。



 実は本書はデカルトの入門書でもあります。


 もちろんビジネス系の自己啓発書としてつくっているわけですが、デカルトの哲学をベースにしている以上、また哲学者の私が書いている以上、どうしても本質的な部分では哲学書になってしまいます。


 でも、そこが狙いなのです。


 デカルトの入門書を朝から読むのはしんどいですよね。


 その一方で、有名な哲学者だし、一とおり押さえておきたいという気持ちはあると思います。


 しかも一項目三分間でわかるなら読めそうだということになるでしょう。


 その「読めそう」という気持ちを利用して、デカルトの哲学を知ってもらおうと思ったのです。


 そして見事、読者の皆さんはその目的を果たされたのです。



 考えてみれば、デカルトの伝記を知り、四冊もの主要著作の言葉を合計一〇〇近くも知ることができたら、大変な成果ですよ。


 自分でいうのもなんですが、こんなにエッセンスを詰め込んだ本はそう多くはありません。


 読者の皆さんが、朝からたっぷり知識をチャージして、一日を有意義に過ごしていただけると幸いです。



 さて、本書を執筆するにあたっては、多くの方にお世話になりました。


 とりわけ新しい企画ということもあって、構想の段階から完成に至るまで粘り強くサポートしていただいたPHP研究所文庫出版部の横田紀彦さんと北村淳子さんには、この場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。


 そして最後に、本書をお読みいただいたすべての方に感謝いたします。



 平成二十八年二月 澄みきった冬の朝に

小川仁志 

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:704文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次