読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1209782
0
面白くて眠れなくなる遺伝子
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
遺伝子の祖メンデル

『面白くて眠れなくなる遺伝子』
[著]竹内薫 [著] 丸山篤史 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

グレゴール・ヨハン・メンデル(一八二二~一八八四)

オーストリア帝国・ブリュン(ブルノ、とも)の司祭。



メンデルはどのような人物か?


 遺伝学の祖メンデルの名前をご存知の方も多いと思います。彼はどのような人物だったのでしょうか。また、「遺伝学」とはどのような学問なのでしょうか。


 実は、昔から生物の「遺伝現象」は知られていました。特に、十九世紀のヨーロッパでは、牧羊とブドウの品種改良が熱心に行われていました。後に、メンデルが入ることになる修道院のナップ院長は、「効率良く品種改良するためには、遺伝の法則を見つけなくてはいけない」という趣旨の発言をしていました。当時の交配は試行錯誤であり、偶然に頼るしかなかったのです。


 それどころか、十九世紀とは「生物学」という言葉が「博物学」から生まれたばかりだったのです。簡単にいうと、博物学とは「様々なものを集めて、並べて、比べて、分類する」ことです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3313文字/本文:3707文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次