読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1209955
0
[実践]ビジネス・コーチング プロフェッショナル・コーチの道具箱
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3 現実把握(リアリティ Reality)

『[実践]ビジネス・コーチング プロフェッショナル・コーチの道具箱』
[著]田近秀敏 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

現実を把握するための方法


「現実」には二つの側面があります。ひとつは客観的事実、つまり今何が起きているかということです。もうひとつは、どうやってその事実を作ったかということです。


〈焦点その1〉事実──客観的事実は何か


 ビジネス上の客観的事実とは、数字、できごと、利用可能な資源、立ちはだかっている障害などです。人間の意識ですから、完全なる客観性はありえないのですが、できるかぎり客観的な情報を知る努力が大切です。


 客観的な情報を引き出したかったら、部下の話す情報に対して評価を加えないようにしなければなりません。「正しい」「間違っている」という評価する反応をするのではなく、「具体的には誰の言葉ですか」「その時に一緒にいたのは誰ですか」「具体的な達成状況は計画の何%にあたりますか」「正確にはいくらでしたか」などの具体性を追求する会話によって、事実は何かを知るようにするとよいでしょう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2381文字/本文:2773文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次