読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1210566
0
この眠り方で“疲れない脳”がつくれる!(大和出版) トップ1%に上り詰める人がやっている「究極の睡眠術」
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
num.06 寝相が悪いほうが脳や健康にはいい

『この眠り方で“疲れない脳”がつくれる!(大和出版) トップ1%に上り詰める人がやっている「究極の睡眠術」』
[著]保坂隆 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 人は眠りながら、しょっちゅう寝返りを打っています。


 寝返りを打つのは、健康な眠りが取れている徴候だといっていいでしょう。


 寝返りには大別して二つの役割があります。


 一つは、体の一部分を圧迫し続けない役割です。


 体の()()などで寝返りを打てない人は、ほぼ1時間に1度の割合で、介護者が体を動かしてあげなければなりません。これをやらないと体の一部だけが圧迫され続け、皮膚呼吸が妨げられるなどの原因で、皮膚が傷ついたり、()(のう)したりしやすくなったりします。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:539文字/本文:776文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次