読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1210855
0
面白くて眠れなくなる人類進化
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
海はどのようにして「原始スープ」になった?

『面白くて眠れなくなる人類進化』
[著]左巻健男 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

生命の素・有機物はどこから来たか


 地球の最初の生物は、原始地球上の海で誕生したと考えられています。パスツールが、「いかなる生物といえどもその親からしか生まれないこと、自然発生は絶対にありえない」ことを証明したのが十九世紀後半。それまでは、科学者をふくめて大半の人が、少なくともある種の微生物は、土や水、スープなどから「自然発生」することがありえると信じていました。


 この自然発生説が否定されると、「だとすれば、最初の生物はどうやって生まれたのか?」ということが大きな問題になりました。


 一九二〇年代に、当時のソ連の生化学者、アレクサンドル・オパーリンが、原始地球上では、海は有機物を溶かし込んだ「原始スープ」であったと主張しました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2463文字/本文:2779文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次