読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-1
kiji
0
1
1211242
0
日本の伝統精神 この国はいかに進むべきか
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
著者紹介

『日本の伝統精神 この国はいかに進むべきか』
[著]安岡正篤 [発行]PHP研究所


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

安岡正篤(やすおか まさひろ)

明治31年、大阪府に生まれる。東京大学法学部卒業。「東洋思想研究所」「金〓学院」「国維会」「日本農士学校」「篤農協会」等を設立。また戦後は「全国師友協会」「新日本協議会」等をつくり、政財界の精神的支柱となる。全国師友協会会長、松下政経塾相談役を歴任。昭和5812月逝去。

著書に『朝の論語』(明徳出版社)、『運命を開く』(プレジデント社)、『人物を修める』(竹井出版)、『活眼活学』『活学としての東洋思想』『人生と陽明学』『論語に学ぶ』(以上、PHP文庫)など多数がある。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:250文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次