読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1211977
0
なぜか愛される女がしている73の習慣
2
0
21
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『なぜか愛される女がしている73の習慣』
[著]菊乃 [発行]_双葉社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
21
| |
文字サイズ


 はじめまして。菊乃と申します。私は恋愛相談の仕事をしたり、こういう本やコラムを書いたりしています。とはいえ、29歳までモテない女でした。でも自分のことを「普通」と思っていて、モテないのではなく「出会いがない」と思っている、自分のことが見えてない女でした。私のところに相談にくる方の多くも、私と同じように自分が見えていません。


 でもね、そんなモテない状態の女性が変わるのはとっても簡単なんです。モテないのはメリットといっても過言ではありません。伸びしろがあり、謙虚。若いときにチヤホヤされて過去の栄光を捨てることができない自信過剰な人こそ、助けようがないのです。



 私も認めたくなかったのですが、「愛されない」ということは、実は、あなたが望んで選んでいることです。愛されないことは自己都合だけで生きていけるので、とても楽なのです。あなたが受け取ってもいい愛情は周りにあふれています。


 「ステキだね」と褒められたときに、「いえいえ、そんなことないですよ」と、謙遜して返答したつもりで、相手の愛情をはねのけたことはないですか?


 「待ち合わせの場所は家のそばにしよう」と、相手が気遣って提案してくれたときに、「いや、悪いから中間の新宿にしましょう」と、その気遣いをはねのけていないですか?


 「それ重そうだから持つの手伝おうか?」と、男性が親切に声をかけてくれたときに、「大丈夫です」と、断ったことはないですか?


 全て愛情なのに、受け取らずに拒絶してしまっているのです。「私なんかに手間をかけさせちゃ悪いなぁ」と、自分がくだす「自分への評価」が低いと、周りにたくさんあふれている愛情をうまく受け取れません。この本は、この「私なんかに」を解消する重要な法則を詰め込みました。



 「私なんか……」。こんなふうに「自分への評価」が低いと、誰かに好きになられること自体が信じられなくなります。「男ウケしなくていいけど、いい人がいたら付き合ってもいいかな」「モテなくていいから、好きな人だけには好きになってもらいたい」。こんな恋愛アレルギーがあると、彼氏が欲しいと思っても、同時にブレーキを踏んでいるのです。


 あなたは、「モテる」「恋愛」「愛される」という言葉にどんなイメージを持っているでしょうか?

・私らしくない

・媚びているみたい

・悪いことをしているみたい

・女を使っているような気がする

・私には関係ない出来事

・苦手分野

・女友達がいなくなりそう



 これらの中で当てはまるものはありませんか? どこかで恋愛に後ろめたい思いがあると、精一杯欲しがることをためらってしまいます。


 恋愛のネガティブなイメージがすぐに払拭できればいいのですが、目に見えない心はそう簡単には変わりません。変わっているかどうかもわからず、恋愛をできているつもりにすらなってしまいます。



 本書では、心を変えるための、簡単な73の方法を紹介しています。1ページごと、実行していきましょう。とくに前半で紹介している内容は、とても簡単なことです。1分もかからずにできることもあります。ところが、いつでもできそうな簡単なことって「あとでやろう」と先延ばしになりがち。前にも述べましたが、なにかを意識して行動する必要がないから、モテない状態で過ごすことは「楽」なのです。


 例えば、あなたは今日、化粧直しをしましたか? 家を出てから1分でもいいから、自分の顔を確認して手間をかけてあげましたか?


 あなたの目の前には、昨日と同じ生活を続けること(「楽」)と、変わるために簡単な行動をする2つの選択肢があります。チャンスはいつも目の前にあるのです。


菊乃

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
21
残り:0文字/本文:1490文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次