読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1212123
0
やさしい人(愛蔵版)
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
三 やさしさへのレッスン

『やさしい人(愛蔵版)』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

心の傷を乗り越えた人はやさしくなる



 やさしくなれない人たちがいる。


 それがここまで説明してきた、自己蔑視している人、甘えている人、ナルシシストなど傷つきやすい人たち。


 その人たちの共通した問題点がある。


 それは、嫌いな人たちから離れられないということである。


 別の言葉で言えば、「嫌いな人に執着する」。


 それに対して、やさしい人は、相手を嫌いなら、その人たちから離れる努力をする。


 いつまでも嫌いな人たちに執着していない。


 それは、やさしい人たちが心理的に自立しているからであろう。


 自我が確立しているといってもいいだろう。


 やさしい人は、心の傷を乗り越えた人たちなのである。


 やさしい人も、傷ついたときには同じように辛い。


 いや、やさしい人に成長した人のほうが、いろいろなことは辛かったかもしれない。


 いずれにしろ、やさしい人になれた人は、心の傷を乗り越えた。


 そして、やさしい人になった。



 よく人は「ストレスで眠れない」と言う。


 しかし、ストレスというよりも、ほんとうに眠れなくて体調を崩しているときは、心に傷があるときであろう。たとえば、裏切られたときである。

「ここまでしてあげたのに、こういう仕打ちをするのか」というような(くや)しさを味わったときである。

「恩を(あだ)で返す」という言葉がある。そのような体験をしたときに悔しい。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4983文字/本文:5554文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次