読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
150
kiji
0
0
1213246
0
あえて、レールから外れる。逆転の仕事論
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
楽しさをひたすら追求する

『あえて、レールから外れる。逆転の仕事論』
[著]堀江貴文 [発行]_双葉社


読了目安時間:22分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


169.jpg

1971年生まれ。様々な職を経て、飲食店を中心に40店舗以上の立ち上げに携わり、シャンパン(Krug)の販促で日本での市場拡大に貢献。「@ほぉ〜むカフェ」の創業者でもあり、2005年ユーキャン流行語大賞を「萌え」で受賞。多数の若手を起業支援し、現在はLiNK-UP株式会社代表取締役社長CEOを務め、「ODOROOM」、「AMPLE!」など、飲食店以外のプロデュースもしている。2014年より、株式会社ダイヤモンドダイニングエグゼクティブ・プロデューサーに就任し、数々の新業態開発などに携わっている他、統括プロデューサーとして挑んだ「高知県よさこい祭り」では、初出場にして審査員特別賞を受賞。(2015年5月現在)


ココがポイント!


 


 学校で教えられる常識が理解できず社会との折り合いに苦労する


 使命感でやる仕事に限界を感じる


 楽しさを追求していくことが自然と様々なビジネスに繋がる


何をやっている人ですか?


 


 その質問に答えるのが、いつも面倒くさいんですよね。


 とりあえず「いろんなことをやってます」としか言いようがない。


 僕に肩書きをつけるなら“なんちゃってインキュベータープロデューサー”でしょうか。要は新規事業の立ち上げ。特定のプロジェクトに出資して、ビジネスを立ち上げていくというのが、メインの仕事になってます。


 昨年はコスプレ系サイト『AMPLE!』を作りました。コスプレを軸にしたコミュニケーションサイトです。業界では珍しい、パトロンがお気に入りのコスプレイヤーを支援していくシステムを導入しました。将来的にはこのサイトを、一種の投げ銭ビジネスに繋げようと考えています。


 ちなみに秋葉原を中心に、メイドカフェブームを仕かけたのは、僕です。アングラだった世界に、すごく面白いものを感じていました。あの独特の熱気をパブリックに持ってくれば爆発するんじゃないかと、一般に向けてプロモーション展開していきました。それがうまくいって、メイドカフェから発信した「萌え」は社会現象に。流行語大賞も、もらいました。


 ちょっと掘り下げて説明すると、メイドカフェはテーマパークのような世界観にしようと思ったんです。制服を着てるメイドさんは、ミッキーマウスと同じ。カフェに一歩入ったら夢の世界が広がっている。そういうエンターテイメントが、街のいろんなところに存在しているのは、単純に面白いじゃないですか。ブームになったのは、単なる結果です。


 メイドカフェ事業は、いまはうちの子会社の社長が運営しています。他の事業も、基本的には僕は直接タッチしていません。子会社や系列企業の若い子たちが、業績を伸ばしたり、何か新しいことをやっているのを応援する立場です。彼らが頑張って、楽しく仕事をしているのを見るのが好きなんです。


 あとネット系のエンターテイメントを応援する「ODOROOM」、靴のブランド、ショーパブ事業のサポート、いまでは「ダイヤモンドダイニング」のエグゼクティブ・プロデューサーとしてレストラン運営など、多数の事業を手がけています。


 ショーパブの方では、“ナーナーナナナ”で有名な韓国のHIP-HOPグループDJ DOCの大ヒット曲『Run to you』をショー化し、全国の街で一大ムーブメントを起こしていたところ、それを使ったDJ OZMAがタイトルを変え、『アゲアゲEVERY騎士』で更なる大ブレイクをし、2006年には紅白歌合戦にも出場しました。


 まとめると、面白そうな事業があれば、何でもやる! というスタンスです。


常識の意味が分からなかった


 


 別に、エンターテイメントの世界の出身ではないし、学歴もないし、もともと家がお金持ちでもありません。子どもの頃、親は母親だけの母子家庭でした。


 夜はスナック経営。家にはあまりいませんでした。7歳上の姉がいたんですけど、駆け落ちで家から出ていってしまって。5歳年下の弟の面倒を見るのは自分しかいない、この家族を守っていくのは僕の役目だと、子どもの頃に刷りこまれました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:9248文字/本文:10909文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次