読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
200
kiji
0
0
1213693
0
SMAPと、とあるファンの物語 −あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど−
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
SMAP・002 1990−1993 不確かな中での確かさ

『SMAPと、とあるファンの物語 −あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど−』
[著]乗田綾子 [発行]_双葉社


読了目安時間:51分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

SMAP・002 1990-1993 不確かな中での確かさ

 中居正広……18歳~21


 木村拓哉……18歳~21


 稲垣吾郎……17歳~20


 森且行………16歳~19


 草彅剛………16歳~19


 香取慎吾……13歳~16


 


 わたし………7歳~10



 平成になり1年半が経過した1990年10月、SMAP6人は、翌年の単独コンサートのためにスタジオで連日レッスンを受けていた。


 中でもグループの大きな目標は、「全員がバク転バク宙をできるようになること」。歴代ジャニーズはみんなバク転ができるのに、SMAPはいまだに、6人中3人もバク転ができないのだ。


 さすがにこのままじゃダメだということで、当事者の中居・稲垣・香取はなんとかできるようになろうと、時間を見てはメンバーに補助を頼んでバク転の猛練習を行っていた。


 その日は香取が、木村と草彅に補助を頼んだ。いつものように二人は香取の背中を支える。


 しかし草彅はこの時「ちょっと感じたことのないような不安」(※17を感じたのだという。


 次の瞬間、香取の着地と同時に聞いたことのない音がスタジオ中に響き渡る。

「足が……何か……アレ? みたいな」(草彅)(※17


 着地に失敗した香取は右足首を複雑骨折、そのまま即入院。全治2か月だった。


 香取が入院生活を送っている頃、中居はインタビューでこんなことを話している。

「慎吾が足のケガをしてしまって、今のSMAPはみんな集まっても500%の力しか出せない。みんながそろってこそ最高のグループになれるんだ」(※50


 しかし香取は一人、病室でテレビを見て焦っていた。

「聴いたこともない歌を、メンバーが踊りながら歌ってる」(※56

「絶対SMAPを首になる」(※57


 結局香取の骨折は、初の単独コンサート開催までに完治が間に合わなかった。


 ただ全編は5人でのステージとなるが、香取は松葉杖で、なんとか合間に1曲だけ参加できることになる。


 こうしてアイドルグループ・SMAPが全員で迎えた1991年1月1日、初めての大舞台。


 平均年齢16歳での武道館公演開催は当時の史上最年少記録(※58であり、しかもデビュー前での快挙となった。


 前日は、ギプスがとれぬままの香取も含めたメンバー6人が、ともに合宿所で過ごしている。

「やっぱり武道館ってなると、うれしいよりアセリと驚きとプレッシャーだよ。今までのSMAPとしてのイベントの中でも一番デカイし」(木村)(※59

「きのう(大みそか)、合宿所で、全員一緒に寝たんだ。でも、みんな“眠れねェ、眠れねェ!”って、結局朝になっちゃったよ」(木村)(※60


 そして武道館へバスが到着した時、メンバーはついにこの日が夢じゃないことを初めて実感する。稲垣が言う。

「朝、バスで武道館に入っていくときさ、“SMAP・ファーストコンサート”って書いてあるの見て、ああ、本当にやるんだなって思ってね」(※61


 


 外はお正月にしては珍しく雨模様だったが、SMAP初の単独コンサートは、とにかく全てが派手なステージとなった。


 なにせ舞台からして前日使われた「日本レコード大賞」のものをそのまま借用している。


 オープニングではいきなり衣装の早替え、続いて和太鼓や脱出マジックの披露。途中には少年隊の東山紀之や光GENJIのメンバー、一足早くデビューした忍者もゲストとして登場し、記念すべきSMAPのファーストコンサートを盛り上げる。


 全30曲を無我夢中で駆け抜けて迎えたアンコール、自分たちだけが主役となったそのステージで、SMAPは思わず涙を見せていた。


 後に中居と森がテレビ番組で「なぜあの時泣いたのだろう」と回想したことがある。


 森はこう答えた。

「なんなんだろうね、なんか、目の前にして歌って踊って、観てるファンの子たちがワァーッと騒いで。それを見ててね、半分感動っつうかビビっちゃうっつうか。怖いような気持ちになって涙が出てきちゃう」(※62


 しかしこの思い出には続きもある。

「で、事務所の人にすっごい怒られて。みんなして怒られて。自分たちでは上手く出来たなぁと思ったんだけど、ぜんぜんね」(※62


 しかし怒られようが、とにかくもうやるしかなかった。

「ボクたち、4月に横浜アリーナと名古屋、大阪で追加コンサートをします。で、8月には、ミュージカルもやるので、応援してね!」(※60


 


 ファーストコンサートの開催をもってSMAPはいよいよ、ジャニーズの次世代グループとして本格的に全国各地を回りだす。


 まず春先に横浜、大阪、名古屋を回る初の単独ツアー「SPRING SMAP ʼ91 」を開催。メディアでも「SMAPの学園キッズ!」(テレビ東京)や「桜っ子クラブ」(テレビ朝日)、「POP SMAP」(TBSラジオ)などのレギュラー仕事をこなす合間に、雑誌の撮影や取材、土日は先輩のコンサートや地域のイベントを回って、積極的に顔を売り込んでいく。


 夏休みを控えた7月中旬には満を持してメジャーデビューを発表、初の主演ミュージカル「聖闘士星矢」に向けて毎日長時間の稽古を行いながら、ほぼ同時進行でデビューシングルのプロモーション活動も始まる。


 この時期のSMAPはかなりの過密スケジュールで、隙あらばすぐに眠気に襲われていた。


 そして若い6人はとにかく寝る。


 舞台の稽古中に寝る、説教中に寝る、しまいには舞台の本番中でも寝る。

「ベッドだよベッド。仮死状態だったんだよ。しょうがないよね。なんか、やられたんだよ、聖闘士星矢たちが。『あぁ~!』ってやられて」(中居)(※63

(15)『聖闘士が息はしてるかしてないか、どうしよう』って時にはもう、慎吾とかいびきかいてて」(草彅)(※64


 それでもデビューの時は刻一刻と近づく。


 分単位で電話口からラジオ番組に出演、グループのロゴと集合写真がプリントされた大型トラックはリリースに向け全国各地を走り回っていく。


 彼らには当時、こんなキャッチコピーがついている。

「光GENJI、男闘呼組、忍者に続くアイドル界の台風の目が“SMAP”の6人だ!」(※65


 しかしこれが壮大な前フリになるなど、誰が予想しただろうか。


 


 1991年9月8日、彼らは本当に、台風の中にいた。


 埼玉県の西武園ゆうえんちで開催されるデビューイベント当日、1週間前に発生した台風15号が東日本に接近し、関東地方は朝からすでに大雨となっていたのだ。


 しかも彼らはこの年、すでに2回もイベント中止の災難に見舞われている。


 春に予定していた都庁前ミニライブは雨で中止、夏に予定していたデビュー発表イベントは警備上の都合で中止。


 特に夏のデビュー発表イベントについては内容が内容だけに、グループのショックも大きかった。

「もう僕達ダメだねぇ。信用されないね」(草彅)(※66


 そんなSMAPにとってこの9月8日は、リベンジを叶える最高の機会になるはずだったのだ。


 しかし、雨は止まない。


 


 午前9時30分、特設ステージに駆け出した時点で、表に6つの星を散りばめたデビュー衣装の彼らはすでにずぶ濡れになっていた。


 それでも目の前には沢山のファンがいる。


 最初の挨拶代わりに手を振って戻る時、目が合った中居と木村はホッとしたのか互いに笑顔を見せる。


 しかしこの時すでに、よりによって進行役の中居が持つコードレスマイクの音がまったく出なくなっていた。


 とっさに予備の有線マイクで間に合わせるが、それもすぐに音が出なくなる。


 中居は一人ステージを行き来しながらとにかく生きているマイクで場を繋ぎ、なんとか予定通りデビュー曲『Canʼt Stop!!―LOVING―』のイントロが流れ出した。


 一気に雨脚は強くなる。


 そして6人が一番を歌おうとした瞬間――音は完全に止まった。


 雨に濡れた音響機器の電源がついにショートしたのだった。


 スタッフが必死に機材を修復する中、イベントに空いた5分もの空白を埋めるように、中居は初めてこの言葉を口にする。

「SMAPが、明日9月9日にデビューいたします」(※67


 


 結局、この日は最後まで雨は降り続けた。


 しかしステージは何度か中断しながらも強行。


 マスコミ向けの記者発表もそのまま屋外で行われている。


 


 中居正広

「今日はですね、この雨の中、1万5000人のファンの子が駆け寄ってくれまして、おかげさまで、この雨の中、苦しい中、みんな元気いっぱいで、雨のことなんて忘れて頑張っております」(※67


 木村拓哉

「こんにちは、木村拓哉です。これからもホントにCanʼt Stopで行きますのでよろしくお願いします」(※67


 稲垣吾郎

「稲垣吾郎です。言葉に表せないくらいとっても嬉しいです、それだけです」(※67


 森且行

「こんにちは、森且行です。これからSMAP、突っ走っていきたいと思いますので、よろしくお願いします」(※67


 草彅剛

「こんにちは、17歳、草彅剛です。やるっきゃない精神で頑張ります」(※67


 香取慎吾

「こんにちは、SMAPの香取慎吾です。小さいころからの夢だったレコードデビューということが、やっと明日、9月9日に叶うということがとっても嬉しいです」(※67


 


 そしてイベント終了後には、続けてデビューシングルの購入者を対象とした握手会を開催。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:21217文字/本文:25035文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次