読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1214175
0
京都ミステリーの現場にご一緒しましょ
2
0
0
0
0
0
0
旅行
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
貴船神社 ──お座敷から奥座敷へ──

『京都ミステリーの現場にご一緒しましょ』
[著]山村紅葉 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

『京都園殺人事件』 



 ()(ふね)神社やその界隈は、京の奥座敷的な場所です。巨木が(うっ)(そう)と茂る森は神秘的な雰囲気をたたえていて故事・伝説も多く、母、山村美紗のミステリーにもしばしば舞台として登場します。


 また、貴船の(かわ)(どこ)は、暑い夏の京都に涼を呼ぶ風物詩として有名ですね。貴船川の川沿いには「ひろや」、「()(げん)()」「()(げん)()」など老舗の料理旅館が立ち並び、夏季には流れの上に(しつら)えられたお座敷「川床」で鮎を中心としたお料理をいただくことができます。

「ひろや」は母の作品『京都園殺人事件』で、主人公の麻矢子と新聞記者・久保川がデートを楽しんだところです。私もたびたび、テレビドラマの撮影で寄せていただいています。



 私がまだ小さい頃、夏の声を聞くと、家族や親戚の皆で川床へお食事に行くのが恒例行事でした。貴船は鴨川の源流域にあたり、街中よりも気温が一〇度は低いんですね。しかも、せせらぎの上に設えられたお座敷が、同じく夏の風物詩である鴨川の(ゆか)よりもずっと川面に近いんです。幼い私は流れに手を差し伸べ、冷たい水に直接足を浸して、「ああ気持ちいい。ここは何て涼しいんだろう。夏が来たんだなぁ」としみじみ感じ入っていました。


 京都の夏らしい風情があまりに絵になるからでしょう、テレビドラマでは、母の原作には出てこなくても、貴船の川床でよくロケが行われました。園芸妓シリーズで主演をされた(たか)()()()(現・(ます)()(いく)())さんと(ふな)(こし)(えい)(いち)(ろう)さんが川床で食事をするシーンが印象的です。


 大人になってから、母と二人で「ひろや」を訪れたことも思い出深いですね。それは、ミステリー作家・山村美紗と、その娘で女優の私とで思い出の京都を巡るというテレビ番組の企画でしたが、二人でゆっくり昔話ができたという意味で貴重な機会でした。


 母はテレビには滅多に出ない人でしたし、母娘の共演はさらに珍しかったですから。母はそれから数年後に亡くなり、結果的にはそれが最後の母娘共演となりました。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:912文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次