読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1214185
0
京都ミステリーの現場にご一緒しましょ
2
0
0
0
0
0
0
旅行
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
南禅寺・水路閣 ──犯人の告白を強力に誘う場所──

『京都ミステリーの現場にご一緒しましょ』
[著]山村紅葉 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 (なん)(ぜん)()は、(りん)(ざい)(しゅう)南禅寺派大本山の寺院。もともとは、後嵯峨天皇が営んだ離宮でしたが、亀山法皇が無関普門を開山として寺に改めたそうです。国宝の方丈をはじめ、見どころはたくさん。重要文化財の堂々たる三門は、歌舞伎の演目「(ろう)(もん)()(さんの)(きり)」で、盗賊・石川五右衛門が廻す「絶景かな、絶景かな」という名台詞で有名ですが、意外にも、史実をもとにしたものではないそうです。この三門が建立されたときには、石川五右衛門の死後三十年以上経っていたそうですから。


 南禅寺の境内を奥へ向かって歩いていくと、突如として、レンガ造りの建造物が出現します。それが水路閣(全長九三・二メートル、高さ一四メートル)。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2541文字/本文:2873文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次