読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1215093
0
心をつかみ、人を動かす 古今の名指導者にみる60の法則
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
9 心の葛藤と外見は違う

『心をつかみ、人を動かす 古今の名指導者にみる60の法則』
[著]邑井操 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 人の心はなかなか見えにくい。だから表面に現われた言動で何を考えているのか相手の心を(そん)(たく)するしかない。だがそれだけに捉われると相手を見まちがえることがある。


 たしかに人の心の動きによって言葉や動作は出てくるものに違いない。腹を立てている時は動作は荒っぽくなり、周囲にあたり散らすなど一例だ。こういう場合、その行動によってその心を知ることはできるが、そうストレートに心と動作が一致して出ることばかりでない。もっと複雑な屈折した感情の出方もある。


 極端に苦しい時、辱しめられた時など、悲しさ口惜しさを越えさらに怒りを通りこして笑い出すということがある。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1679文字/本文:1961文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次