読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1215532
0
ビジネス教養としての宗教学
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
結婚と離婚のための資金

『ビジネス教養としての宗教学』
[著]白取春彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 妻に払う契約金


 コーランには、結婚するための資金についての記載もある。

「どうしても結婚資金が調達できない者は、アッラーが大御心から金持ちにして下さるまで禁欲で行くこと」

「妻たちには贈与財をこころよく払ってやれよ。だが、女の方で汝らに特に好意を示して、その一部を返してくれた場合には、遠慮なく喜んで頂戴するがよい」


 ここにある贈与財は、結納金とか婚約金、結婚資金と訳されている場合もある。


 これは結婚契約のときに夫の側から妻の側に贈る財であり、聖典とされるコーランが命じるずっと前からアラビアにあった風習の一つである。つまり、女を買い取る代金であったわけだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2062文字/本文:2341文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次