読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1216294
0
二十一世紀をいかに生き抜くか 近代国際政治の潮流と日本
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
著者略歴

『二十一世紀をいかに生き抜くか 近代国際政治の潮流と日本』
[著]岡崎久彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

岡崎久彦(おかざき ひさひこ)

NPO法人岡崎研究所所長。外交評論家。昭和5年(1930)大連生まれ。東京大学法学部在学中に外交官試験に合格し、外務省入省。昭和30年(1955)ケンブリッジ大学経済学部学士および修士課程修了。駐韓国公使、防衛庁国際関係担当参事官を経て、昭和59年(1984)初代情報調査局長に就任。その後、駐サウジアラビア大使、駐タイ大使を務め、平成4年(1992)定年退官。博報堂特別顧問を経て現職。

著書に『隣の国で考えたこと』(中央公論社)、『繁栄と衰退と─オランダ史に日本が見える』(文藝春秋)、『悔恨の世紀から希望の世紀へ』(PHP研究所)など多数。訳書に『外交〈上・下〉』(ヘンリー・A・キッシンジャー著、日本経済新聞社)などがある。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:330文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次