読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1216500
0
老いは楽しい
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
芸術に親しむことは、趣味も実益も兼ねた楽しみ。

『老いは楽しい』
[著]斎藤茂太 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

右脳を刺激して脳全体を活性化



 人間の脳細胞の数は、約一五〇億あるといわれている。この脳細胞は毎日少しずつ破壊され減少していくのだが、四十代も半ばを過ぎると減少率は加速度を増し、毎日一〇万個もの脳細胞が減っていくという。本人にその自覚がなくても、脳細胞が減少することによって老化は否応なく進んでいくのである。


 つまり四十歳を過ぎると、老化はもう「ずっと先の話」などではないのだ。脳の老化現象として、一番はじめに現われるのが記憶力の減退である。脳の老化現象を自覚し、いまのうちから脳細胞をよく使う工夫をして、脳を活性化させたいものである。


 さて一般的に、創造的あるいは芸術的な趣味には老化防止の効果があるといわれている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1764文字/本文:2072文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次