読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1217158
0
モタさんの落ちこみやすい人の“大丈夫!”な考え方(愛蔵版)
2
0
2
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 自分を好きになる

『モタさんの落ちこみやすい人の“大丈夫!”な考え方(愛蔵版)』
[著]斎藤茂太 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ


 あなたは自分の性格を、どのようにとらえているだろう。


 明るくにぎやかだと思っているだろうか。それとも、落ち着きがある冷静なタイプだと考えているだろうか。


 人の性格というのはさまざまなバリエーションがある。いろいろなタイプの人、自分とは違った性格傾向の人と交流することで、新しい発見や刺激的な人間関係ができたりする。人間関係の面白さは、そんなところにある。


 だが、多くの人と出会って交流をする経験を持つと、ときには魅力的に感じる人と自分を比較し、気に病んだり、落ちこんだりすることも起こってくる。

「なんで自分にはあの人のような積極性がないのだろう」

「彼のように気の()いた会話ができれば、もっと人と楽しくつき合えるのに」


 こんなふうに人と比較して思い悩み、苦しんでいる人も多いのではないだろうか。


 また、仕事の関係などで、本来の自分とは違った一面を演出するようなケースでは、自分を出せないことに疲れを感じることもある。


 たとえば営業の仕事をしている人なら、快活さや明るさを演出したり、顧客対応の仕事をしている人なら、ふだん以上に丁寧で穏やかなところを演出したりするだろう。


 だが、仕事ならある程度は仕方ないにしても、あまりに自分を作りすぎると、人からの評価と本当の自分とのギャップに息苦しさを感じるようになる。そして、次第に柔らかさを失い、いきいきとした魅力がなくなってしまう。


 人の性格はさまざまな要素が組み合わさって作られている。無理に一部分を変えても、全体のバランスが不自然になる。表向きの表情を作り込んでも、「このようにあるべき」という意識が先に立ってしまうと、自然な感情が伝わらなくなる。


 人は、本当の自分の姿が一番楽であり、また魅力的なものだ。いくら演出しても、それは自分本来の姿にはかなわない。


 いまのままの自分が一番いい。もっと自分に自信を持って表現していい。


 自分らしくあり、そんな自分を好きでいることが、心の健康を保ち、人間関係を良好にする秘訣なのである。


Point 自分らしさに誇りを持とう

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:0文字/本文:858文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次