読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1217894
0
日本人が知らない「アジア核戦争」の危機 中国、北朝鮮、ロシア、アメリカはこう動く
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第三部 中国核戦力の大増強が始まった

『日本人が知らない「アジア核戦争」の危機 中国、北朝鮮、ロシア、アメリカはこう動く』
[著]日高義樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 シャイアン・マウンテンの奥深くにある宇宙司令部には、アメリカが世界中に張りめぐらせた衛星網から、あらゆる軍事情報がもたらされている。その情報の多くは、いくつかのスパイ衛星が捉え、ワシントン郊外のフォートミードの国家安全保障局に送られるが、そのままシャイアン・マウンテンの担当者のデスクに送られてくるものもある。


 衛星からの情報は、ペンタゴンの地下奥深くにあるONA(国家危機分析局)にも送られる。ONAは中国の核戦力の動向を常に分析し、評価している。ONAは一見、何の変哲もない担当部局だが、ジェームズ・シュレジンジャー博士やアンドリュー・マーシャル博士、アンドリュー・クレピノビッチ博士といった核戦力の大家たちが集まり、全力を挙げてソビエトに対する戦いを展開したところである。現在は中国の脅威を分析する重要な部門になっている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3009文字/本文:3374文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次