読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
150
kiji
0
0
1217992
0
加藤鷹と4人のOL Part.1
2
0
11
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
浮気ぐせのある男とばかり、付き合ってしまう……

『加藤鷹と4人のOL Part.1』
[著]加藤鷹 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
11
| |
文字サイズ

響子  そう考えると、男性で彼女がいるのに、何回も浮気している人は、どちらとも恋愛しているということですか?


   それは優秀なオスですね。恋愛というのは、教科書みたいに定義があるものではないから、本人たちがどう思っているか、しかない。男女ともに、単なるSEXフレンドって思ってたらそうだろうし。どちらも本命で恋愛している可能性もある。

少なくとも何回もできるということは、合うもの同士であることは間違いないし、恋愛もできる関係。だけど、その関係をどう思うかは、あくまで本人たちの感情でしかない。そもそも人間の関係性なんて定義ないわけです。


もし男が2人の女性と付き合っていて、どちらも同じくらい好きで、一生バレなければ、どちらも本命の恋愛で問題ないよね。バレたとたんに、やれどちらが本命だの、2番目だのと定義争いが起こるわけ。

恋愛感情がどうだとか、関係性がどうだとかじゃなくて、自己防衛のために後付けで勝手に区切りをつけてるだけじゃないかな。でも人間同士なんて、いつどのように感情が変わったり、どういう関係になるかなんて分からない。

そもそもそういう風に区切りをつけてるのは自己防衛です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
11
残り:2525文字/本文:3017文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次