読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1218453
0
学校では教えてくれない日本史の授業 書状の内幕
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第二章 菅原道真の上奏文──「勇気」ある判断、遣唐使廃止

『学校では教えてくれない日本史の授業 書状の内幕』
[著]井沢元彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


唐衰退の情報



 古代から近世にかけて日本外交の基本は、日中関係でした。


 もちろん、当時の中国は文字どおり世界一の文明国であり、その関係は日本側の一方的な片思いといってもよいでしょう。


 中国の文明にあこがれてかの地に渡った人々は、その後、帰国して日本文化の基礎を築きました。小野(おのの)(いも)()に始まり、(さい)(ちよう)(くう)(かい)といった人々がそれです。この人々が日本文化へ与えた影響は計りしれません。一方、その巨大な文明に()せられて、かの地に残り一生を終えた人もいました。()(べの)(なか)()()藤原(ふじわらの)(きよ)(かわ)らがそうです。


 使節団は四隻の船に分乗し、多いときには五〇〇人を数えました。最も盛んな時の中国の国号を取って、多くは遣唐使と呼ばれています。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2814文字/本文:3179文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次