読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1218505
0
弟子・藤井聡太の学び方
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
二〇一八年新年の師弟 杉本昌隆+藤井聡太

『弟子・藤井聡太の学び方』
[著]杉本昌隆 [発行]PHP研究所


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 二〇一八年一月三日、新年最初の私の一門の研究会を開きました。八人の弟子たちが次々と私の研究室に集まってきます。いつもと変わりなく、みんな普段着です。弟子たちはそれぞれ十秒将棋を始めています。時折、笑い声が上がるなごやかな時間です。


杉本 年末年始はどんなふうに過ごしたの?

藤井 年末年始は特に用事はないので、普段通り自宅でゆっくりと。

杉本 一年前の初詣のおみくじで、藤井君が大吉を引いた様子をNHKの番組で見たな。あれは一発で引いたんだっけ。

藤井 はい。でもお正月だから、大吉が二分の一はあると思いますけど。

杉本 でも一発で大吉を引くのは、さすがに引きが強い。

藤井 いえいえ。

杉本 初詣は確かあまりあちこち行っちゃいけないんだよね。たとえば元旦にこっちに行って、二日はあっちに行くみたいに、はしごするのはよくない。

藤井 そうなんですか。でも関西のある先輩の棋士は「大吉が出るまで神社を回るよ」って(笑)。

杉本 ああ、大吉を出してくれないような神社は頼みにできない、と(笑)。私も奨励会時代は毎年、真剣にお願いしてたな。「今年こそはプロになれますように」って。お賽銭も一回だけ一万円を入れたことがある。

藤井 一万円はすごいですね。

杉本 一回だけ。その年に四段に上がれたかどうかは覚えてない。覚えてないくらいだから上がっていないと思うんだけど、それくらい何かにすがりたくなるときがある。藤井君、そういうの、ないね。

藤井 そうですね。私はないですね、はい。

杉本 確かに勝負は自分で解決するものだからね。お願いすることは、今は家族の健康とか自分ではどうしようもないものかな。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3671文字/本文:4354文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次