読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1219023
0
斎藤一人 自分を愛せば奇跡が起こる
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第六話 スカッと生きる

『斎藤一人 自分を愛せば奇跡が起こる』
[著]舛岡はなゑ [発行]PHP研究所


読了目安時間:18分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


“いい人”お休みの日



 いろんな調査報告を拝見すると、職場の悩みをお持ちの方が非常に多いようです。悩みの大半は、職場の人間関係なのだそうです。



 いま職場の人間関係に悩んでいる、あなたにうかがいます。



 職場の同僚や先輩、あるいは上司に何か言われて、ちょっとカチンときたとき、あなたは「そんなことで腹を立てるなんてみっともない」と思い、その気持ちを自分のなかにぐっと押し込んでいませんか?



 あるいは「あの人は私のためを思って、言いたくないことを言ってくれたんだ」などと、相手の“いいところ”を探して感謝しようとしていませんか?



 それをすることで問題が改善されたり、心がさわやかになったり、あなたがさらに幸せになっているのであれば、いままで通りのやりかたがあなたにとっての正解です。


 でも、そうではないのだとしたら。


 私の提案にちょっと耳を傾けてみてください。


「嫌だなあ」と感じた自分に対して、〈わかる。わかるよ。あの人が嫌なことをしたんだから、嫌だと思って当然〉と自分の味方をし、あの、一人さんの言霊を言います。

〈あの人のことを嫌だと思った自分を愛します。そんな未熟な自分をゆるします〉と、心のなかで言いましょう。


 そうやって想っちゃうのは当然だと、自分で自分の味方をしていると、相手に対する怒り、イライラ、うらみ、つらみ、「ゆるせない」という想いが段々なくなってきます。


「もっと自分を愛します、そのままの自分をゆるします」という言霊の力により、心がスカッと晴れて、穏やかな気持ちを取り戻せるのです。


ゆるせない上司



 職場に“嫌な上司”がいるんですけれど─。



 そんなご質問を、よくいただきます。



 いろんな解決のしかたがあると思います。その状況、その状況に応じて、どう対処していったらいいのか、さまざまな判断ができます。


 何が正しいかは、正直、やってみないとわかりません。



 ただ、私たちが常に忘れてはならないことは、人は常に、自分の中の最善を尽くしています。


 その結果、自分の心がスッキリさわやかになったのであれば、それはその人にとっての正解。


 そうではない、自分の心がスッキリ晴れないときは他の対策が必要だ、ということが、自分なりの最善を尽くした結果、「わかる」というだけです。



 ずっともやもやしている。


 ムカムカする。


 そのことを考えただけで怒りがこみあげてくる。

「ゆるせない!」



 と、いうふうに、自分のなかから“嫌な気持ち”がわきあがってくる。



 そんな自分に対してこう言ってあげる。


「わかるよ。あなたが嫌だと思うんだから、よっぽど嫌な上司なんだよね」


「上司が嫌なことをしたんだから、嫌だと思うのは当然だよ。わかるよ、わかるよって」


 そう言ってあげる。



 つまり、自分が自分自身の味方をしてあげるんです。



 そして、「そういうふうに(上司が嫌なことをしたんだから、嫌な気持ちをして当然だと)思っちゃう自分をゆるします」と言います。



 もちろん、心のなかで、ですよ。



 面と向かって言っちゃダメです。


 面と向かって言った場合、その後、どういう展開になるか、みなさん自身がよくごぞんじですよね。


「わかるよ、わかる、わかる。嫌なヤツだもんね。そう思っちゃうのが当然だよ。


 上司にムカつく自分をゆるします。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7527文字/本文:8869文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次