読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1219104
0
アラビアン・ナイト99の謎 アリババとシンドバードの国への招待
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
53 ナバタイ国――アラビア文字のもとをつくった人びと

『アラビアン・ナイト99の謎 アリババとシンドバードの国への招待』
[著]矢島文夫 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 キリストの死から三十年ほどのちにダマスカスで熱烈なキリスト教徒となったパウロは、迫害を逃れるために(かご)に入ってダマスカスの城壁からつり降ろされたことがあり、その体験を『新約聖書』の「コリント人への第一の手紙」(113233)に書いている。


 ここでパウロは「ダマスコ(ダマスカス)でアレタ王の代官がわたしを捕えるためにこの町を監視していた」と書いているが、このアレタ王(アレタス、アラビア名ハーリス)こそ、北アラビアの古代アラビア王国ナバタイ王の一人であり、パウロが言及したアレタ王とはハーリス四世(在位前九〜後四〇年)にほかならない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:640文字/本文:913文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次