読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1220531
0
Kのロジック 錦織圭と本田圭佑――世界で勝てる人の共通思考
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ゴールデンエージが一流アスリートをつくる

『Kのロジック 錦織圭と本田圭佑――世界で勝てる人の共通思考』
[著]児玉光雄 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 錦織がテニスを始めたのは5歳のとき。自宅近くの「グリーンテニススクール」に通い始めた。父親の清志さんがハワイ旅行のお土産としてジュニア用のラケットを買ってきたのがきっかけである。

 実際、学生時代にテニスコーチをしたことのある清志さんと一緒に近所の松江総合運動公園で練習するようになる。

 そして、幼稚園の年長組のとき、自宅から歩いて15分程度のところにあるグリーンテニススクールに通うことになる。当時、錦織を指導した柏井コーチは、「スクール最初から錦織はしっかりとラケットでボールをとらえていた」と語っている。いわゆる「球勘」があったのである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1478文字/本文:1750文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次