読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1220544
0
Kのロジック 錦織圭と本田圭佑――世界で勝てる人の共通思考
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「目標設定」の最大の目的は目標実現ではない

『Kのロジック 錦織圭と本田圭佑――世界で勝てる人の共通思考』
[著]児玉光雄 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ここで適切な目標設定水準について考えてみよう。夢が大きくなればなるほど、当然のことながらその夢が実現する確率は低くなる。夢は高すぎてもモチベーションは上がらないし、低すぎると手抜きがはびこってしまう。

 なぜイチローは10年連続シーズン200安打という偉業を達成することができたのか。それは彼の目標設定水準が適正だったからだ。最大の努力を維持してシーズン終盤にかろうじてその目標をクリアできる200安打という数字を意識したから、彼はこの偉大な記録を10年連続で更新し続けることができたのである。

 事実、200安打を達成した10年間のうち、2002年(208安打)と2005年(206安打)はかろうじてクリアしたものであり、212安打を記録した2003年も終盤イチローは大きなプレッシャーに(さいな)まれる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1230文字/本文:1584文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次