読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1221582
0
0〜3歳の成長と発達にフィット 赤ちゃんの未来をよりよくする育て方
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2 赤ちゃんの成長は身体ファースト

『0〜3歳の成長と発達にフィット 赤ちゃんの未来をよりよくする育て方』
[著]菅原道仁 [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆まず、3歳までの成長の順番を知ろう

「身体ができている」「考え抜ける力がある」「社会や周りの人とうまくやっていける」
という能力は、脳が発達するほど身につける条件が整ってきます。

 赤ちゃんの脳は、次のように働きが活発になる順番があります。


 ◎生命を維持する機能(0~1歳)

 ↓

 ◎知性を身につける機能(1歳前後)

 ↓

 ◎周りの人と関わろうとする機能(3歳前後)


 詳しく見ていきましょう。

【0~1歳】

 生物として生き残ることで精一杯の時期ですから、身体を成長させるのに必要な機能が、優先的に働くようになっています。

 赤ちゃんの脳は、おっぱいを飲んだり、眠ったり、泣いてお母さんを呼んだり、生命を維持することに大部分集中している状態ですが、赤ちゃんなりに身動きをしているので、その刺激が脳の発達を促しています。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1199文字/本文:1551文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次