読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1223119
0
個人事業・自由業者のための 会社をつくるメリット・デメリット 本当のところズバリ!
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1-1 法人化の予備知識 法人化の問題

『個人事業・自由業者のための 会社をつくるメリット・デメリット 本当のところズバリ!』
[著]井上修 [発行]すばる舎


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

法人化のネックとなる問題を解決しよう!
個人事業の事業内容を変更せずに、法人格を取得して株式会社などの法人に組織を変更することを「法人成り(以下、法人化と表記)」と言います。
個人事業者や自由業者のほとんどの方は、個人事業をスタートする前や確定申告の時期、取引先との関係などから、少なくとも一度は法人化を考えたことがあるのではないでしょうか。
では、法人化に踏み切れない理由とは何でしょう?
個人事業の場合、税務署に開業届を提出すれば、その日から個人事業者として事業を開始することができます。
しかし、法人の場合には、資本金の準備や会社の機関設計、法人設立の手続きなど、会社組織を立ち上げるまでに、いろいろと面倒な手順を踏まなければなりません。
個人事業でスタートし、いずれは法人化をと考えていた方も、その煩雑な手続きや、税金に対する知識不足、法人化のメリットがよくわからない、といったことがネックとなり、法人化を躊躇しているのではないでしょうか。
個人事業を法人化しない理由は人それぞれだと思いますが、法人化を考える上でのネックとなる大きな問題には次の2つが考えられます。
まず1つめの問題は、「果たして、自分にとって法人化するメリットがあるのか?」という点でしょう。
この1つめの問題の解決こそが、このまま個人事業として続けていくか、法人化するかを決定づける最大の分岐点だと言えます。
2つめの問題は、法人設立に必要な手続きに関することでしょう。法人化のメリットに薄々は気づいているものの、法人化に必要な手続きのことを考えた途端に、二の足を踏んでしまうという方も意外に多いのではないでしょうか。
そこで、ここでは法人化する上でのネックとなっている、「法人化するメリット」「法人設立の手続き」の2つの問題について解説していきましょう。この2つの問題を解決すれば、法人化は目前です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:780文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次