読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1223131
0
個人事業・自由業者のための 会社をつくるメリット・デメリット 本当のところズバリ!
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3-1 税金面のメリット 個人と法人の税金

『個人事業・自由業者のための 会社をつくるメリット・デメリット 本当のところズバリ!』
[著]井上修 [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

個人と法人の税率の違いを節税に役立てよう!
ここでは、個人事業と法人の税金について簡単に説明しましょう。個人事業と法人の税金は、その種類や内容はほぼ同じですが、税率や計算方法に違いがあるからです。
[ 個人事業の税金]
個人事業にかかる税金は、所得税、住民税、それに個人事業税を加えた3種類です。
個人事業税は、個人事業のうち、とくに法律で決められた業種(法定業種)の所得に対してかかる税金です。その税率は、業種によって異なり、3%、4%、5%と3つの税率に分かれており、畜産業や水産業、鍼灸マッサージ等以外の業種では5%です。
所得税は、所得に応じて5%、10%、20%、23%、33%、40%の6段階、住民税は10%です。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1275文字/本文:1583文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次