読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1223821
0
温泉に入ると病気にならない
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
19 正しい温泉選び(6) お肌スベスベにだまされるな

『温泉に入ると病気にならない』
[著]松田忠徳 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 一日に何百人もの人間が入った風呂は、毎晩、お湯を落として、しっかり清掃していると考えるのが市民のふつうの感覚というものです。


 ところが、銭湯ではそれが義務づけられていない県のほうが一般的なのですから驚いてしまいます。東京都の場合は、営業終了時にお湯を抜くことが条例で義務づけられていますが、温泉施設となると例外なのです。


 宮崎県日向市の公共温泉の事件のようなレジオネラ菌による相次ぐ死亡事故を受けて、厚生労働省はようやく重い腰を上げて「一週間に一回以上定期的に完全換水し、浴槽の消毒・清掃を行うように」との通達を出しました。


 それまでは換水の義務はなかったため、一年間も循環でお湯を使い回している施設もめずらしくありませんでした。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1302文字/本文:1618文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次