読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1223824
0
温泉に入ると病気にならない
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
22 塩素について知る(3) 塩素ガス発生の危険も

『温泉に入ると病気にならない』
[著]松田忠徳 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 水道水を飲むことが浴びるよりもまだましな理由は、飲んだ場合は肝臓がフィルターの役割を果たして、毒素をほぼ八〇パーセント除去してくれるためです。アメリカでのマウスの実験で証明されています。


 ところが入浴やシャワー浴では、水道水中の塩素は一〇〇パーセント吸収されてしまいます。その吸収率は腕で八パーセント、皮膚の柔らかいところでは一〇〇パーセントといわれます。


 一番風呂はお湯がピリピリするというのは、多分に塩素の刺激なのです。二番目に入ると、一番目の人の全身に塩素が吸着したうえ、皮脂も溶けていますから、軟らかいお湯を楽しむことができるわけです。


 それでも、ただの入浴よりシャワーは、三倍有害だという報告もあります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1423文字/本文:1731文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次