読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1223840
0
温泉に入ると病気にならない
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
38 不自然な温泉 最上階に「展望大浴場」とは

『温泉に入ると病気にならない』
[著]松田忠徳 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 私たちの心身に心地よい温泉は、可能なかぎり人間がかかわっていない温泉でしょう。温泉は天地自然が生み出してくれたものですから、人間の力を借りることなく泉のように湧出するのが本来の姿です。人手がかからないということは、無駄な経費がかからないということでもありますから、入浴料も安いのです。基本的には「安い温泉=いい温泉」と考えていいでしょう。


 もっとも、公共温泉は安いのですが、その大半が循環風呂。塩素殺菌風呂ですから、“源泉かけ流し宣言”を行った奈良県十津川温泉郷、長野県野沢温泉、大分県長湯温泉、北海道川湯温泉などを除いて、平成になって誕生した公共温泉は要チェックです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1300文字/本文:1586文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次