読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1223841
0
温泉に入ると病気にならない
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
39 不便でもホンモノを 出合いは“自然のまま”で

『温泉に入ると病気にならない』
[著]松田忠徳 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「どうせお湯につかるなら、太平洋を一望できる風呂がいい」

「夜景が眺められれば最高だわ」


 温泉につかるのが目的なのか、眺望が目的なのか。結局は多くの場合、マガイモノの温泉につかるはめになり、お金を失うのが欲張りな日本人のこれまでの姿のようです。もともとストレスを解消するのが目的だったのに、目的意識がしっかりしていなかったばかりに“展望風呂”の宣伝に惑わされて“塩素泉”を浴びる結果になった──。


 だいたい、高いところから景色を眺めたいなら、べつに温泉に行く必要はないでしょう。都内に住んでいるのなら、東京タワーにでも昇ればいいのです。ホンモノの温泉で心身を癒やしたいのなら、それはむしろ“低いところ”にあると考えるべきです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1338文字/本文:1650文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次